切らない施術

麻酔

治療が必要よなる目の下のたるみは、眼窩脂肪と真皮のヘタリなどが影響をウケます。前者の眼窩脂肪は、目の下にある靭帯のゆるみによって垂れ下がってしまいます。また、眼窩脂肪は茶グマや黒クマなどが出てしまう可能性があり、どんどんひどくなってしまうと顔全体が重力に引っ張られてしまいたるみが出てしまいます。そして、もう一つ出てくる真皮のヘタリは、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が減少することで影のようなシワが出てきます。この真皮のヘタリは、目元の筋肉が緩むことによって起こることもあるので、十分に気をつけなければなりません。これら意外にも併用して出てくる年齢肌トラブルもあるので出来る限り目立つようになれば美容外科の治療を検討するのが得策でしょう。

美容外科などで受ける目の下のたるみ治療と自分でやる治療の違いは、浸透率の違いが大きいかもしれません。美肌にしてくれるコラーゲンやヒアルロン酸などは化粧品やサプリなどで補うことができますが、化粧品の場合は外側から浸透させるものでありサプリはカラダ全体に働きます。つまり、目の下の治療みたいなピンポイントのケアではないので、浸透率が低いのです。一方、美容外科が行う目の下のたるみ治療は、目の下に注射を使い直接注入する方法を選ぶところが多いです。ですから、切ることもなく比較的安全な方法で目の下のたるみを克服することができます。